ヤラセ「段ボール肉まん」に振り回された日本のメディア・芸能人の整形、夏川純、長谷川京子、沢尻エリカ、眞鍋かをり、BOA、押切もえ、蛯原友里、亀梨和也、深田恭子、綾瀬はるか、伊東美咲、鈴木えみ、ほしのあき、浜崎あゆみ、釈由美子など芸能人整形疑惑の紹介 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤラセ「段ボール肉まん」に振り回された日本のメディア


ヤラセ「段ボール肉まん」に振り回された日本のメディア http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070722-00000013-gen-ent&kz=ent 段ボール紙入り肉まんはヤラセだった――。中国の食問題に大きな関心が高まる中、段ボール肉まんをスクープした北京テレビが18日夜、衝撃映像はアルバイトを使ったヤラセだったことを認めて、謝罪した。同局のニュース番組内で報じた。
 それによると、アルバイトがひき肉と小麦粉、段ボール紙を店に持ち込み、出稼ぎ労働者に「段ボール肉まん」を作るように指示。映像では業者が段ボール紙をちぎり、カセイソーダに浸して、煮込み、ひき肉と混ぜる様子が映し出された。  見た瞬間から、「ちょっとできすぎ」の映像だったが、やっぱりだ。  もっとも、報道の自由がない中国のことだから、「ヤラセ報道もヤラセか」なんて見方もある。とはいえ、日本のメディアはここ数日、この映像に振り回された。ある夕刊紙はカセイソーダ入り肉まんを実際、作って試食していたし、中国当局の謀略説も飛び交った。まだまだ裏がありそうな話である。 引用:yahooニュース
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。