10年間休みなし!プリンセス天功「死ぬかと思った」・芸能人の整形、夏川純、長谷川京子、沢尻エリカ、眞鍋かをり、BOA、押切もえ、蛯原友里、亀梨和也、深田恭子、綾瀬はるか、伊東美咲、鈴木えみ、ほしのあき、浜崎あゆみ、釈由美子など芸能人整形疑惑の紹介 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10年間休みなし!プリンセス天功「死ぬかと思った」


10年間休みなし!プリンセス天功「死ぬかと思った」 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070728-00000000-oric-ent&kz=ent 今月22日(日)に福井・鯖江市内で公演中に機械トラブルで負傷したプリンセス天功が29日(日)、名古屋・御園座での公演で1週間ぶりに復帰を果たした。
復活を果たしたプリンセス天功の舞台の模様はこちら  5年ほど前に彼女の半生を描いた演劇が上演されるなど、思い出深い地で「復活したい!」という強い気持ちは伝わり、1600人の座席はほぼ満員。普段は、通しで90~100分程度のショーを展開するが、この日は狭い箱に入るなどのイリュージョンを別の演目に差し替えた。前半に8つ、後半は4つのショーと「自らお詫びしたい」という天功のたっての希望により、トーク形式で構成。これまで、公演キャンセルや休演が1度もなかった彼女の肉声を公演で披露したのは「恐らくはじめて。熱烈なファンでも驚いたと思う」(事務所関係者談)と新たな形でステージを届けた。  天功は、右目の下1センチに負った傷を特注の仮面やテーピングで覆いながら舞台に登場。現在は、注射やアイシングを継続しているなどまだ万全の状態ではなく、さらには肋骨を骨折、そして首、胸、背中に剣が突き刺さり全身打撲の状態だ。病院に運ばれてからの3日間は「意識がなく、ICUで眠ったままでした。死んだと思いました」と痛みをこらえながら、かすれるような声で淡々と語り、「10年間、1日も休みがなくようやく休めた。でも、サッカー選手だって、ケガをしても出場している。私も退院したらすぐにステージに立つのは当然だと思った」とコメント。公演中は普通に立っていたが、移動は車イスを使用しないと支障をきたす状況だという。  また関係者の話によると、今後は医師と相談しながら治療を続ける予定。8月1日(水)の山梨・河口湖での公演は予定通り行い、完全復帰は8月中旬を見込んでいる。 引用:yahooニュース
スポンサーサイト
Copyright © こうだくみ 画像 ブログ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。